いぼがコンプレックスなら治療を始めよう|治療方法を伝授

短時間でイボにお別れ

気になる存在を除去する

カウンセリング

いぼは顔や手など目立つ部分にあるととても厄介な存在です。気になる人は除去したいと考えるでしょう。除去するにはピンセットや医療用のハサミで切除したり、炭酸ガスレーザーや液体窒素を使って治療する方法があります。

できものの治し方

鏡を見る女性

いぼの治療方法には、レーザーで除去する方法、液体窒素で除去する方法、内服薬で治す方法と、大きく3つの方法があります。それぞれにメリットと注意点があるため、まずはクリニックで医師に診てもらい、美しくなるために自分の症状に合った最良の治療法を選ぶことが大切です。

お肌をきれいにするために

カウンセリング

近年美容と健康の進歩がめざましく、特に美容面においてその傾向が顕著となっています。そんな中、美容整形とともに人気があるのが、いぼの治療を行う皮膚科です。その治療法としては、液体窒素を使った方法、レーザーを使用した方法、薬剤を使用した方法があります。

皮膚の突起を切除

顔を触るウーマン

皮膚科や美容外科でいぼを治療するには、液体窒素や炭酸ガスレーザーを使用します。液体窒素は治療に時間がかかり、痛みを伴いますが、費用は安価です。レーザーは大きないぼでも1回で除去できるのがメリットです。

皮膚の悩みと解決の方法

顔を触る婦人

いぼの種類を医師に診てもらい適した方法を選択しますが、他には何を優先するかです。痛みをなるべく避けて短期間で治したいならレーザー治療、安くすませたいなら液体窒素といふうにそれぞれの特徴を理解して治療をしていきましょう。

きれいな体を手に入れよう

顔を触る婦人

選択肢は複数あります

いぼは、気づかないうちに出来てしまっていることが多いです。しかも一度治っても、また同じところに出来てしまい根深く、完治までに時間のかかる厄介な存在です。家庭で市販薬を使用する方法もありますが、確実に治したいなら、皮膚科や美容外科など専門機関を受診しましょう。専門機関でのいぼの治療は大きく分けて3種類あります。液体窒素療法、レーザー療法、服薬療法です。液体窒素療法は昔からある方法です。液体窒素でマイナス200℃近くまで綿棒を凍らせ、それを患部に押し当てることでいぼを除去します。この方法の特徴は、簡単にいぼを除去でき、健康保険が適用されるので安価という点です。根が深い場合は数回に渡って治療を受ける必要があり、1年ほどかかる場合もあります。時間がかかってもリーズナブルに治療を行いたい場合に適した方法です。レーザー療法は、現在最も一般的な方法です。患部の状態によってレーザーの強さを調節出来るので、より確実に根元から除去することが出来ます。肌への負担を軽減でき、痛みも感じにくいのが特徴です。いぼの大きさや根の深さによって治療に時間がかかりますが、3ヶ月から半年ほどと、液体窒素療法より短期間で済みます。病院によってコストに差があるので、医師とよく相談したうえで選択するといいでしょう。ここまでご紹介した外的療法に抵抗がある人におすすめなのが、ヨクイニンを使用した服薬療法です。ヨクイニンはイネ科の植物で、日本ではハトムギの名称で親しまれています。栄養価が高く、免疫力を高める作用があるので、漢方薬としても使われています。ヨクイニンを服用することで免疫力を高め、いぼの原因となるウイルスを除去するという、まさに内側から患部にアプローチする方法です。化学的な薬品ではないため体に負担がかからないのが特徴ですが、その分効き目も緩やかなので、治療はかなり長期に渡ります。今すぐにいぼをどうにかする、というよりは、いぼの出来にくい体を作る、という認識でいた方がいいでしょう。このような特徴から、他の方法と併用して行われる場合もあります。いかがでしたでしょうか。いぼの治療方法はこのようにひとつではありません。ひとつの方法で納得いかなかった場合でも、別の方法を試してみることも可能です。ライフスタイルや体の状態を考慮して医師と相談し、自分により合った治療方法を選択しましょう。