いぼがコンプレックスなら治療を始めよう|治療方法を伝授

ウーマン

できものの治し方

鏡を見る女性

美しくなるためにもまずは治療

皮膚のできものには様々なものがありますが、その中の代表的なものの1つとしていぼがあります。いぼと一言で呼んでしまっていますが、実はいぼには様々な種類があります。その多くはウイルスを原因とする皮膚の腫瘍であり、小さな傷口からウイルスが皮膚に入り込んできて感染し、発症します。また、体の健康のみならず見た目の美しさにも影響を及ぼすのがいぼです。このため、いぼは放置せずに、クリニックに行って医師に診てもらい、その原因に合わせた適切な治療を受けて美しさを保つ必要があります。いぼの治療方法には、レーザーで除去する方法、液体窒素で除去する方法、内服薬で治す方法と、大きく3つの方法があります。それぞれにメリットと注意点がありますが、まずは医師に診てもらい、自分の症状に合った治療方法を教えてもらうのが良いです。レーザーで除去する方法は、レーザーを使っていぼを丸ごとくり抜くものです。この場合のメリットは、出血が少なく痛みを感じにくいということです。また、傷跡が残りにくく、再発しにくいため、より美しい見た目を保てるということもあります。注意点は、クリニックによって費用にバラツキがあるということです。患部の状況よって差はありますが、3ヶ月から半年程度の治療期間となるようです。液体窒素で除去する方法は、いぼを液体窒素で焼き切るというものです。この場合のメリットは、保険が効く場合が多いため、費用が安く済むことが多いということです。注意点は、液体窒素で患部を焼き切る際、強い痛みを感じる場合が多いということです。また、患部の状況によってはいぼの根が残ってしまう場合があり、その場合は再発する可能性があります。内服薬で治す方法は、ハトムギを使用したヨクイニンという内服薬を服用します。ヨクイニンはタンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄など高い栄養成分を含む薬です。この場合のメリットは、治療に全く痛みを伴わないということです。注意点は、治るまでに長い期間がかかることや、患部の種類や形状などによって、効果の出やすさに違いがあるということです。このように、いぼの原因や治療方法は様々ありますが、何よりも大事なことは、まずクリニックに行ってきちんと医師に診てもらうということです。自分のいぼの原因が何なのか、また、どのような治療方法が適切なのかを医師によく確認し、最も良い治療法を選び、美貌を維持しましょう。